投資競馬はゴチャゴチャした知識不要? 一般的なギャンブルと一線を画す理由

世間一般からの評価として、競馬はギャンブルだと考えられています。事実、どの馬が勝つかというのをベットを行うことによって勝負するというのはギャンブル性が強いですし、競馬に散財しすぎたあげく素寒貧になってしまうという人は少なくありません。

しかし、『投資競馬』は一般に考えられるものとは少々異なります。

投資競馬というのは、普通の競馬との相違性が高いもの。長らくギャンブルと見なされていた競馬を投資対象にする考え方であり、よくある「賭けた馬が買って一攫千金、一気に所持金がプラス!」というようなギャンブル性はそれほど多くはなく、「少しずつコツコツと稼げる!」といったキャッチフレーズのほうが似合っているでしょう。

とはいえ初心者には何のことやらと思いますから、もう少し詳しく掘り下げていく必要がありますね。

投資競馬は、簡単に言うとあまり競馬に詳しくない人でもできる投資です。競馬についての専門的な知識は一切覚える必要がなく、さらに初期投資も最低100円から出来るという優れもの。まさに新しい投資の形と呼べるかもしれませんね。そういった部分を組み合わせているために投資初心者にとっては非常に手が出しやすく、FXのようなものとは違ってかなり敷居の低い投資として注目されつつあります。

競馬と銘打ってはいるものの、馬や厩舎に注目する必要はありません。ネット上に散らばっている、今までの競馬においての勝率などのデータを集めれば後は比較するだけ。どの馬が勝つのか? 感情を抜きにして予想を立てれば、ラストに投資をするだけです。お気に入りの馬が、あるいは騎手が居るからと無駄な出費をするのはNG。投資競馬においては感情よりも理屈が優先されていきます。そう考えると、ギャンブル性は非常に低いとは考えられないでしょうか?

それと、これは少々専門的な知識が必要になってはくるのですが、もしあなたがプログラムに強ければ投資競馬はもっと楽になるでしょう。たとえば、プログラムを作成してから自身の持つ口座と直結。その後は自分のコンピュータを駆使して自動的に馬券を買わせ、己が何もせずとも投資は全てプログラムがやってくれる、なんてことをするのも簡単に出来てしまいます。

もちろんプログラム系統がまったくわからなくとも投資競馬は出来ますが、情報処理に強ければ強いほど有利になるというのは否めません。もしあなたが今日から投資競馬を始めたいというのなら、知識なしでスタートするのは勿論です。

しかし、まずはネット上の記事や関連書籍等々を読み漁り、一定の知識を得てから華麗にスタートダッシュを決めるのがオススメです。投資競馬は今が狙い目。スタートを決めるシーズンを見極めてから投資を始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です