せどりや転売ビジネスが難しい理由

せどりや転売ビジネスが難しいとされている理由は、商品確保において詐欺が横行しており、安全に商品を確保できない状況下にある為副業としてはビジネス成立が難しいのです。特に特商法の記載があるネット通販サイトでも、偽物の商品を販売していることもあり、そうした場合において商品の確保時にその商品が本当に本物であるかを知るすべもないためビジネスとしては成立しなくなっているのです。

何故そうなるかですが、実は偽物でも本物と変わらない場合においては本物として商品を販売できるため言ってしまえば高額商品のスーパーコピーを売ればビジネスになると踏む事業者が現れ偽物であるにも拘らず高額で商品を販売するなどを行い収益を得る人物が登場したが故問題となっているのです。

しかし、これらコピー品を販売することは法律に触れておりビジネスにおいては成立してはいけない部類のお話になりますので、現在ではコピー品の売買は故意にすることは出来なくなっています。ですが、商品を仕入れるとなるとお話は別でどのような事業者がコピー品を転売商品として提供しているかなどを把握することが難しく転売ビジネスが難しいとされているのです。

しかも、本物が偽物であると言われた場合においても販売者は偽物の商品を販売したというリスクを負うわけですから如何に転売が難しいかは明らかです。ただ、これら転売が難しいと言われているのは販売している商品のジャンルがあり、ジャンルによっては容易に偽物を作ることが出来るが故に難しいだけで要は偽物を作り上げることが出来ないジャンルであれば問題なくビジネスは成立するのです。

例えばデータ類を販売する行為やゲームソフトなどの他ゲーム機など明らかに偽物では出来ないことが出来る物を率先して販売すれば利益を見込める商売をすることが可能でなおかつ収益を期待することが出来ますので口コミの評価においても偽物を販売しているお店であると言われることも無いのです。反対に衣服など偽物と本物が見分けがつかない物を販売するのはおすすめではなく、容易にコピー品が作れるジャンルは転売で収益を得るべきジャンルではないということです。

以上が転売及びせどりで利益を上げにくいという理由になりますが、要は偽物の存在が多く、それらを見分ける能力が無い場合においては、購入者も商品については熟知していると考えた場合、偽物を販売しているとなるとビジネス成立がどうとか以前に犯罪行為にも繋がる為難しいビジネスであるということです。