移動平均線はデイトレードで必須の学習分野

移動平均線は株式投資にしろFX(外国為替証拠金取引)にしろまずは必ず押さえて置かなければならない大切な用語です。これをきちんと理解することで、自分の投資をより確実におこなっていくことができます。

投資に関して特にきちんとした専門知識を有していないようなかたにとっては移動平均線はただの線に見えますが、実はそうではなく、これをきちんと理解することで、相場の先行きなどをきちんと占っていくことが可能となります。

移動平均線は一定期間の相場の動きをプロットして線で表現したものです。これをしっかりと理解することでより確かな相場の動きなどを確実に理解することが可能となります。短期線や中期線、長期線と呼ばれる色々な種類の線が存在していますので、これらを複合的に組み合わせることによってより確実な投資を楽しんでいくことが可能となるのです。

この線の動きをもとに今後、相場が上昇するか、下降するかを判断することが可能となります。きちんとした相場の動きを理解するにはこのような移動平均線を上手く組み合わせることでより確実な投資判断ができます。

投資に関して普段からあまり馴染みがないかたでも頻繁に耳にするゴールデンクロスやデッドクロスはこのような移動平均線を使って合理的な売買のタイミングを判断するために使用していきます。

ここでゴールデンクロスに関して再度確認をしていきましょう。ゴールデンクロスとは移動平均線が交差したタイミングのことを言います。このときに用いられるのが13週移動平均線と26週移動平均線です。

13週移動平均線が26週移動平均線を下方から上方に向かって突き抜けたような場合をゴールデンクロスと呼びます。これは今後株価が上昇に転じる一つのタイミングとなりますので、これを一つのシグナルと思って適切な売買をしていくことを考えてみてはいかがでしょうか。

またデッドクロスとはこれとは逆の動きをする場合のことを言います。このような減少が出たような場合には株価は下げに転じますので、このようなシグナルが出たときは、今後株価が下げに転じると考えてポジションを手仕舞うことを考えてみてはいかがでしょうか。

最近ではコンピューターを使った合理的なアルゴリズムでの売買が主流となっていますので、今後もこのような移動平均線に沿ったトレンドが続くと予想されます。しかし、このようなテクニカル分析も今回のような新型コロナ感染症などのタイミングでは、想定外の動きをするような場合もありますので、その点に関しては十分な注意が必要となります。

しかし、このような移動平均線のみで投資をおこなっていくことは難しく、他にもローソク足と上手く組み合わせていくことで、より合理的な売買をおこなっていくことが可能となります。

ローソク足も普段テクニカルチャートを見る方にとっては大変馴染み深いのではないでしょうか。このようなローソク足をその中身をきちんと理解することが大切です。

ローソク足は白色で構成されている部分と黒色で構成されている部分の2つの部分があることを理解しているかたも多いのではないでしょうか。始値が終値より高い場合は白抜きおローソク足となり、またその逆の場合には黒ヌキのローソク足となります。

そして、棒から上下に伸びている線は一体どのような意味を表しているかも合わせて考えていきましょう。ローソクから上に伸びた線はその日の一番の高値、下に伸びた線はその日の安値をそれぞれ表しています。このようなローソク足を上手く使っていくことで、その日の売買を一旦手仕舞うかそれとも翌日に持ち越すかの判断をおこなっていきます。

普段からこのような基本的な移動平均線とローソク足を上手く組み合わせることで、より確かな売買方法を確立していきながら、より最適な投資をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です