仮想通貨の手数料はどうなるのか

金融関連のサービスを活用していると、たまに手数料が気になってしまう事があります。振り込み手数料もその1つです。ですが仮想通貨は、その手数料が非常に格安になっているのです。

金融サービスを利用する時の手数料

多くの方々は、銀行振り込みなどのサービスを活用しています。振り込みは確かに便利なのですが、どうしても手数料がかかってしまうのです。WEBで振り込みするにしても、数百円ぐらいの手数料を支払う事になるでしょう。
そうかと思えば、外貨に関する手数料もあります。海外に送金したい時などは、銀行のサービスを活用するケースも多いです。ところが日本円を外貨に両替する時などは、たいてい指定の手数料が徴収されてしまいます。リフティングチャージなどの手数料がかかり、状況によっては数千円ほど支払う事もあるのです。FXなどのサービスを利用すれば、かなり手数料を節約する事はできますが、それでも無料ではありません。

振り込みや海外送金の手数料は無料

ところが仮想通貨の場合、原則として上記のような手数料はかからないのです。仮想通貨も、日本円のように送金する事はできます。銀行振り込みと比べると、かなりスピーディーに送金できるメリットもあるのです。
それで仮想通貨の場合、たいていは手数料無料になります。数百円前後の手数料がかからないメリットは、とても大きいです。
海外に送金する時の手数料も同様です。仮想通貨は世界各国に送金する事もできますが、両替手数料などを徴収されてしまうことはありません。
というのも仮想通貨の場合、そもそも両替される事がないからです。送る側も受け取る側も、どちらも同じ通貨を使用する事になります。わざわざ両替する必要もない以上、手数料も原則として無料になるのです。

取引手数料はかかる

ただし投資商品の場合は、手数料は徴収される事はあります。仮想通貨で取引するなら、取引所のサービスを活用する事になるでしょう。取引所を経由して売買する時には、指定の手数料は支払う事になるのです。ちなみに手数料の具体的な金額は、取引所によって異なります。手数料が高いかどうかを基準に、取引所を選んでいる方も多いです。
それでも株式取引などと比べると、手数料は比較的低めな傾向があります。証券会社で対面取引する時などは、手数料が1,000円以上かかる事もありますが、仮想通貨はそこまで高くありません。手数料が格安になっているのは、仮想通貨のメリットの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です